結婚式のお車代について

結婚式のお車代について

結婚式を挙げるためには、会場使用料など所定の費用以外にも、いろいろな費用がかかります。

結婚式のお車代は、披露宴で主賓や乾杯の音頭などの大役をお願いした人に対して新郎新婦側が用意するお礼で、祝儀袋に入れて渡すのがマナーです。

挙式当日は、主役の新郎新婦はなにかと忙しくなりますので、結婚式のお車代は、式場の受付係に預けておくと安心です。 その場合、招待客の自宅から会場までの距離に応じて、タクシーなどでの移動をもとに算定することが、結婚式のお車代のマナーです。

また、遠方からの招待客にも交通費相当額を渡すことになりますが、タクシーチケットなどを渡した場合はお車代の代わりになります。単発バイトを代用するのは難しいかもしれません。

そのほか、挙式当日、お世話になる美容師や会場のスタッフなどの関係者には、「心づけ」をポチ袋に入れて、新郎新婦から手渡すようにしましょう。

結婚式に関するアレコレ