結婚式の延期

結婚式の延期や中止をする場合

せっかく招待状まで出したのに、やむを得ない事情で結婚式を延期することも出てきます。 その場合は、新しい日にちを決めた後、招待客に連絡をするように心掛けましょう。

招待状は改めて書面で出すことが大切で、そのとき返信はがきも同封しましょう。 また、その時点で返信はがきをもらっている招待客に対しては、とりあえず電話連絡をして、一刻も早く結婚式の延期を知らせることも親切になります。

それとは別に、式そのものが中止になる場合もあります。 その事情は個々のケースにもよりますが、招待客に対しては可能な限り早く連絡をするようにしましょう。単発バイトも場合によっては迅速な対応が必要です。

結婚式の延期や中止は、美容院予約のキャンセルなど、招待された側にとってもいろいろと段取りが変わってきます。 また、お祝いをほんとうに贈っていいものか悩むことになりますので、新郎新婦側はその点にも配慮しましょう。

結婚式に関するアレコレ