結婚式の招待状が届いたら

結婚式の招待状が届いたら

結婚式の招待状に出欠の返事を出すような場面は、ふだん経験することが少ないだけに大変緊張しますね。 通常は、結婚式の招待状が送られてくるまでに直接依頼がありますが、返信はがきは出欠の意志を新郎新婦側に正式に伝える大切なマナーです。

たとえ日常的に顔を合わせる間柄であっても、口頭やメールで伝えずに、返信はがきをきちんと出しましょう。

できれば、結婚式の招待状が届いてからすぐに、遅くとも1週間以内に返事を出すと、受け取った新郎新婦側も気持ちがいいものです。薬剤師の転職サイトも気分がよいですね。

返信はがきの表面、住所氏名の最後にある「○○行」は、二重線で消して「○○様」に書き直しましょう。 裏面には、自分の住所氏名の記入と出欠の返事をするようになっています。

たとえば、出席の場合は、出席を○で囲み、「御出席」などの「御」や「御芳名」の「御芳」を消すことも最低限のマナーです。

結婚式に関するアレコレ