結婚式の席次表

結婚式の席次表をつくるために

結婚式の席次表をつくるためには、まず、席次を決めることから始めます。

友人や職場の同僚などが出席する披露宴の席次は、「くし型」や「ちらし型」など配置スタイルにもよりますが、基本的な席次は共通するものがあります。

新郎新婦が座る上座を基準にして、上司、恩師、先輩、友人、親族の順に配置して、両親はいちばん遠い位置になるようにします。

また、小さい子ども連れの人や高齢者などは出入り口に近い場所にしたり、遅刻や早退がわかっている出席者には、目立ちにくい席を用意するようにしたいですね。かに 通販も同様です。

その他、知り合いどうしが隣接できるように心掛けることも大切です。 結婚式の席次表をつくる場合、「広瀬」と「廣瀬」など、名前の漢字を間違わないように注意しましょう。 また、名前そのものを間違えないことは大切ですので、親族の場合は親にも確認してもらいましょう。

結婚式に関するアレコレ